初めて作るビーツのアチャール!!

アチャールって何?

ビーツのスムージー編で私がアチャールに嵌った経緯は書いてありますが、スリランカカレーのライスの上にのせられた赤い食べ物がビーツのアチャールだったことを後に知った。あまりに赤いものだから、紅ショウガか何かで染めたのかと思うほど。。

アチャールって何なの? インドの漬物!! ピクルス! 作り方も人それぞれだとわかった!確かに日本の漬物だって作り方はそれぞれ!

じゃああまり難しく考えず、作ってみようと思う。

今回初めて作るのだが、他の方のレシピを見ていると、袋に材料を入れて揉む用法が多い! が、私は普通に漬け込む方法で挑戦!(大丈夫か????)


材料

ビーツ300g お酢と水を1:1(今回は100mlずつ) 塩小さじ2 砂糖小さじ1 ココナッツオイル大匙1 クミンシード小さじ半分 クローブ4個 鷹の爪1本 ローリエ1枚 にんにく一かけら ターメリック小さじ半分 レットペッパー小さじ半分 レモンがあれば小さじ1(今回は使わなかった)

<クーポンで最大350円OFF>博多若杉牛すじカレー12パック 1パックおまけ【送料無料】【285×12】 老舗 ギフト 贈り物 誕生日 お祝 内祝 高級 退職祝い 2018 お中元 夏ギフト

価格:4,780円
(2018/7/27 21:44時点)
感想(5件)

ネットで検索すると、玉ねぎのアチャールレシピは結構載っていますが、ビーツのアチャールはあまりない(あまりというか、探せだせないでいる・・)しかし、作り方は大差ないだろうと勝手に判断してます。^^;

まず、ビーツを水でよく洗い、皮がついたまま、お湯にかけて茹でる。その際、お酢と塩を少々入れます。(分量外)茹で時間、私は中火で15分。少し固めがいいよっていう方は10分くらいでもいいと思う。15分でもカリカリ感はあります。

ビーツを茹でている間に、フライパンにココナッツオイル(サラダオイルでもOK!なので)引いて、ローリエ、クミンシード、クローブ、ニンニク、鷹の爪をテンパリング。

水と酢1:1を一度沸騰させます。沸騰させることで、酢が柔らかくなります。そして、冷ましたら、テンパリングしたスパイスと混ぜます。そして、塩小さじ2と砂糖小さじ1、ターメリック、レッドペッパーも入れてよく混ぜます。

 

茹でたビーツは皮を剥いて、短冊に切ります。皮を剥いて茹でたら、色素が抜けてしまうらしいので、皮ごと茹でてから皮を剥いてください。 短冊にカットしたビーツを混ぜ合わせた液体の中に入れて2~3日ほど冷蔵庫で保管します。 少しピリ辛くらいが美味しいと思います。食べてみると、ビーツ独特のクセはなく、カリカリして美味しかったです。

ビーツは栄養素の集合体!!

ビーツには豊富なビタミンとミネラルが含まれています。

マグネシウム・カリウム・鉄・亜鉛・銅・ビタミンB1,B2.B6・ナイアシン・葉酸・ビタミンCなど!

血行をよくして、肩こり、疲労回復。 美容効果 貧血 アンチエイジングなどなど素晴らしい効能が期待されます。

今回のアチャールでは15分ほど茹でましたが、30分を目安に茹でると柔らかくなると思います。 保存はビニル袋に入れて冷蔵保存! 1週間くらいを目途に使ってください。 生はなかなか入手できないので、缶や瓶に入った商品もあるので、是非一度試してみてはいかがですか?

【12個セット送料無料】マジックタイム スライス ビーツ425g×12個<缶詰食品><その他F>※48個まで1個口配送可能※北海道・東北・中国・四国・九州・沖縄は送料無料対象外です。[1804YI][SE]

価格:3,470円
(2018/7/28 20:41時点)
感想(0件)

生ビーツのスムージー

そもそもビーツって何?


どうもタカです^^  タイトルにあるビーツ! 実を言うと私はビーツの存在すら知らなかった! いや、ひょっとしたら、ロシア料理のボルシチを食べた時に、すでに食べたことはあったのかも知れない。。

そっ!ビーツはボルシチには欠かせない野菜なのです。しかし、私がうまい!と思ったのは、福岡で食べたスリランカカレー。一緒に出されたライスに玉ねぎや豆類、そして、赤い大根のような何か。。。。その色合いがあまりにショッキングREDだったので、きっとあまりよくないものに漬込んであるんだと・・恐る恐る口にしたところ、スパイシーでめちゃめちゃご飯に合う!!

実はその赤いのがビーツのアチャール(インドのピクルス)でした!

ところが、近所のスーパー探してもそれらしいものは売っていなかった。ないとなれば、余計に欲しくなる。(笑)では、ビーツって一体何者?

写真は生ビーツです。一番左のビーツで約200gほどあります。赤黒い皮で覆われたビーツ。芋のような感じですが、赤かぶのような感じで、生でも食べられました。ただ、生だと少し硬いのでレンジでアルミを巻いてチンしたり、お酢と塩を少々いれたお湯で茹でていくと少し柔らかくなります。

このビーツの効用として、ミネラル豊富なビーツはむくみの解消や高血圧予防。特にカリウムが多く、ナトリウムを輩出する働きがあります。また、動脈硬化の予防。貧血予防。等々、健康にも素晴らしい効果あるようです。

生でかじってみると、ほんのり甘味がする。少し土っぽい感じの味わい。

今回、生のビーツにブルーベリーとヨーグルト、蜂蜜を入れて、生ビーツのスムージーを作りました。

りんご、バナナなどがあると飲みやすくできると思うが、ブルーベリーだけだとビーツのクセが少し際立って苦手な方もいるかもしれませんね^^;

少し、えぐみがあります。ヨーグルトの量を増やすとだいぶ緩和されました。私は普通に飲めました。 肩こりにもいいとか! 薬と思えば::(笑)

生ジュースを飲む場合、他の果物を全体の半分くらいの量でカバーするとかなりおいしく飲めるのではないかと思います。

ビーツ 1kg 【無化学農薬・無化学肥料】【国産】【ビート・テーブルビート・ビートルート・火焔菜(カエンサイ)】

価格:940円
(2018/7/27 00:03時点)
感想(14件)