失敗しないバターチキンカレー

スパイスから作る本格的な味のバターチキンカレーレシピ

インドカレー専門店の定番メニューの一つ「バターチキンカレー」 少し酸味があって大変美味しい。これを家庭で美味しく作りたいと思います。

材料(二人分)

ホールスパイス(シナモンスティック5分の1本・クローブ3本・カルダモンホール5個・鷹の爪好みだが、辛いのが苦手なら種を取って1本)他、ニンニク一1片・生姜小さじ1杯

タマネギ中玉1個  トマト中玉1個

鶏肉150グラム(今回はささみ肉使用)ヨーグルト大さじ1杯 塩コショウ・カレーパウダー小さじ1杯

カシュウナッツ(塩無添加)30グラム程度 ピーナッツでもよいし、まあなくても構わない

生クリーム50CCと100cc(牛乳でも可)

パウダースパイス コリアンダー小さじ1・ターメリック小さじ半分・オールスパイス小さじ4分の1・クミン小さじ4分の1・塩2つまみ程度

バター20グラム・はちみつ小さじ1杯(砂糖でもよい)

ガラムマサラ小さじ3分の1

分量についてはあまり神経質にならなくてもよいです。ただ、入れすぎに注意。また、辛さを好む方は、カイエンペッパー(チリペッパー)小さじ1とかで調節してください。

1.下ごしらえ 

今回は鶏肉のささみにしましたが、モモでも胸肉でもよいです。ささみだと、皮がほとんどついていないので、調理に便利。皮は取ってください。食感が悪くなります。

鶏肉を一口大に切り、軽く塩コショウします。そこにカレーパウダーを小さじ1振りかけて、ヨーグルトを大匙1入れて、ビニル袋の中で揉んでください。そのまま冷蔵庫に入れて30分以上マリネしてください。

スパイスのテンパリング

①玉ねぎ中玉をみじん切り。トマト中玉を四方カット。カシュウナッツを30グラム水に入れておきます。

②鍋に油を入れて弱火でホールスパイスをテンパリングします。今回はバターチキンカレーということで、少し酸味がありますので、清涼感のあるスパイスをチョイスしました。シナモンとカルダモン 他にクローブも使いますが、肉の臭み消しです。

カルダモン5、シナモンスティック5分の1、クローブ3本、鷹の爪1本。。※シナモンは入れすぎには注意してください。

3.玉ねぎを飴色へ

みじん切りした玉ねぎをテンパリングしたスパイスの入った鍋に投入し中火で炒める。飴色になってきたら、材料のニンニクと生姜を入れて香りが立つまで炒めてください。

飴色玉ねぎにする簡単な方法については、以前私が書いたブログの記事にしてますので参考にしてください。

4.トマト入れて水分とばす

たまねぎが飴色になりニンニク・生姜入れたら、カットしたトマトを投入します。トマトの形がわからなくなるまでしっかりと炒めます。

炒めたら一旦火を止めます。そして、水に入れてあったカシュウナッツの水を切り、生クリームを50cc入れてミキサーへ

 生クリームの代わりに水でも牛乳でも可

そして、炒めた玉ねぎ・トマトも水を50ccほど足して、ミキサーに入れてください。カシュウナッツがわからなくなるまでしっかりミキサーを回してください。

ミキサーが終わったら、鍋に戻してしっかりと水分を飛ばしてください。上の写真のようになるまで焦がさないように炒めてください。

5.パウダースパイスを入れます

次に、パウダースパイスを入れて、カレーペーストを作ります。今回使うパウダースパイスは、ターメリック・オールスパイス・クミン・コリアンダー

 この程度の量で充分です。

そして、塩を二つまみほどいれて、全体になじませます。

6.マリネしてある鶏肉を投入。

カレーペーストができたら、冷蔵庫入れていた鶏肉をペーストに混ぜていきます。中火でしっかりと肉の中に熱を通します。この時、カレーペーストが跳ねることがあるので、服が汚れないように!

7.仕上げていきます。

ある程度肉に火が通ってきたら、生クリームか牛乳を100cc加えていきます。

しばらく煮込みます。弱火で10~15分程度煮込んだら、バターを20グラムほど入れます。そして、はちみつを小さじ1杯ほど入れて味をみます。塩が足りなければ少し足してください。最後にガラムマサラを入れて香りを立たせます。

8.完成!!美味しい絶品バターチキンカレーの出来上がりです!^^

狙い通り、ヨーグルトの酸味と生クリームのコクを生かし、清涼感あるスパイシーなバターチキンカレーができました!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です