生ビーツのスムージー

そもそもビーツって何?


どうもタカです^^  タイトルにあるビーツ! 実を言うと私はビーツの存在すら知らなかった! いや、ひょっとしたら、ロシア料理のボルシチを食べた時に、すでに食べたことはあったのかも知れない。。

そっ!ビーツはボルシチには欠かせない野菜なのです。しかし、私がうまい!と思ったのは、福岡で食べたスリランカカレー。一緒に出されたライスに玉ねぎや豆類、そして、赤い大根のような何か。。。。その色合いがあまりにショッキングREDだったので、きっとあまりよくないものに漬込んであるんだと・・恐る恐る口にしたところ、スパイシーでめちゃめちゃご飯に合う!!

実はその赤いのがビーツのアチャール(インドのピクルス)でした!

ところが、近所のスーパー探してもそれらしいものは売っていなかった。ないとなれば、余計に欲しくなる。(笑)では、ビーツって一体何者?

写真は生ビーツです。一番左のビーツで約200gほどあります。赤黒い皮で覆われたビーツ。芋のような感じですが、赤かぶのような感じで、生でも食べられました。ただ、生だと少し硬いのでレンジでアルミを巻いてチンしたり、お酢と塩を少々いれたお湯で茹でていくと少し柔らかくなります。

このビーツの効用として、ミネラル豊富なビーツはむくみの解消や高血圧予防。特にカリウムが多く、ナトリウムを輩出する働きがあります。また、動脈硬化の予防。貧血予防。等々、健康にも素晴らしい効果あるようです。

生でかじってみると、ほんのり甘味がする。少し土っぽい感じの味わい。

今回、生のビーツにブルーベリーとヨーグルト、蜂蜜を入れて、生ビーツのスムージーを作りました。

りんご、バナナなどがあると飲みやすくできると思うが、ブルーベリーだけだとビーツのクセが少し際立って苦手な方もいるかもしれませんね^^;

少し、えぐみがあります。ヨーグルトの量を増やすとだいぶ緩和されました。私は普通に飲めました。 肩こりにもいいとか! 薬と思えば::(笑)

生ジュースを飲む場合、他の果物を全体の半分くらいの量でカバーするとかなりおいしく飲めるのではないかと思います。

ビーツ 1kg 【無化学農薬・無化学肥料】【国産】【ビート・テーブルビート・ビートルート・火焔菜(カエンサイ)】

価格:940円
(2018/7/27 00:03時点)
感想(14件)

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です