ガラムマサラについて

がラムマサーラーは、スパイスをミックスさせて作ったパウダーです。

基本はクローブとナツメグとシナモンを合わせて作られるようですが、カルダモン、クミンなどを加えたり、決まったレシピはないようです。

ホール状のラムマサラもあり、使用する直前に挽いて使うことで、新鮮な香りを引き出す方法もある。

スパイスの配合を見てみると、辛さより香りに趣を置いてると思います。使い方は、火を止める直前に加えて香りをつけるために、鍋に蓋をしてしばらく蒸らすとよいようです。

このガラムマサラはインド料理によく使われていますので、当然カレーの仕上げによく使います。

さて、考えてみたら、同じようにミックスされたスパイスが他にもあります。カレーパウダーです。カレーパウダーは別の記事にも書きましたが、10種類から30種類ほどのスパイスを配合させたものです。日本でもS&Bの赤缶が有名です。

このカレーパウダーとガラムマサラとの違いは何だろう??

それは、発祥の場所もあることでしょう。ガラムマサラはインド料理によく使われていて、インドを代表するミックススパイスであるということ。一方、カレーパウダーは18世紀後半、インドからイギリス人がスパイスを持ち帰り、スパイスが広まり、自国でもカレーを作れるようにカレー粉が広まったことに由来するようである。

そして、カレーパウダーとのもう一つの違いはカレーパウダーには色付けに使われるターメリックが入っているが、ガラムマサラにはターメリックは入っていないことだと言うことです。

考えてみたら、カレー作りにターメリックは必需品というわけでもないので、カレーパウダーの代わりにがラムマサラを使っても、何の問題もないということですね!ただ、ガラムマサラにはカイエンペッパーが入っていないことが多いので、別途、使う必要はありますが・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です