コクのあるカレーの作り方・材料について

コクのあるカレーを作りたい!

どうも、タカです^^。

知恵袋とかみていますと、カレーにコクがないとか、もっとコクのあるカレーに仕上げるにはどうしたらよいのか?質問が寄せられています。

確かに、カレーなど煮込み料理にはコクのある方が美味しく食べられます。

でも、普通にご飯やパン、魚の塩焼きなど、美味しく食べても、「この魚はコクがあって美味しい!」とはなりませんよね。つまりは、料理の種類によってコクがあっておいしくなるメニューとコクを感じなくてもおいしいメニューがあるってことだと思います。

味には、甘み・塩味・苦味・酸味・旨味・辛味・渋味などありますが、ではコクだったりキレがあるって?どういうこと??  だと思います。まあ、ビールでキレ味がいい!って聞きますが、カレーでキレ味ありますね!なんて聞いたことは、私はないです。(笑)

ここに一杯の水があるとします。水を飲んで、コクがあるとかキレがいいとかないと思います。じゃあ、炭酸水ではどうでしょう?最近は強炭酸とかもありますが、飲むと、キレを感じませんか?でも、どうでしょうか?コクは感じないと思います。

まあこれ以上追及していくと別な道にいくので^^; やめときますが、コクを水につけようと、例えば、小麦粉や片栗粉入れて飲んでも、コクはあまり感じないと思います。

ところが、同じ飲み物でも牛乳だったりしますと、どうでしょう?特にあまり飲む機会はないかもしれませんが、牧場などで出される牛乳は味が濃くとかなりコクを感じるのでは?

最近では、コクは色んな味が絡み合って感じる味わいだと言われています。そうなると、答えは少し見えてきそうですね!

コクが足りないカレーは、おそらく、スパイス、玉ねぎ、トマトなどのカレーソースになる部分。チキンなどの肉類や具となる野菜。それらに対して水加減が多いのが原因としてあげられそうです。カレールーの場合、固形の中に、スパイスや砂糖・塩、他にも味噌だったり果物だったりが凝縮されていますが、もし、コクがないというのであれば、単純にルーを足してみたらよいかと思います。他にも、玉ねぎをしっかり炒めて甘みを引き出すこと、必要ですし、スパイスで作るカレーの場合、ほぼ、コンソメなどのスープを使わないケースもあるので、ココナッツミルクだったり生クリーム、牛乳等でコクを出します。

あと、塩味! それと、蜂蜜などの糖類による甘味!スパイスによる辛味と苦味!ヨーグルトなどによる酸味!これらをしっかりと絡ませて作ると、コクのあるカレーができると思います。 また、牛肉などをコンソメでスープの量が半分くらいになるまで煮込むことで旨みを更に引き出します。

私もそうでしたが、試行錯誤しながら失敗を恐れずに作ってみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です