カレーはスパイスの種類が多いほど旨いの?

30種類のスパイスを使ってじっくり煮込んであります!

よくありがちな宣伝文句ですね! 30種類ものスパイスを使ってどのような配合するのか教えて欲しいものです。中には小さじ16分の1とかもありそうですね!  茶化すわけではありませんが、素人ではこれだけ多くのスパイスの配合は至難の業だと思います。

ところが、いいアイテムもあります。S&Bの赤缶カレーパウダーが30種類のスパイスが配合されていますから。

私もよくカレーパウダーは使います。イギリス製の15種類のスパイスが配合されたパウダー。しかし、少しえぐみというか苦味が気になって、ハチミツやバターを足して食べやすくしています。

それよりは、カイエンペッパー、クミン、コリアンダー、ターメリックの4種類プラス ニンニクと生姜を加えて作った方がバランスのいいカレーができる気がします。個性の強いスパイスもあり、その個性を活かした配合のやり方でもよいと思いますので、たくさんの種類のスパイスが使われているから、美味しいカレーができることはイチガイには言えないと思います。

タイのグリーンカレーなど、コリアンダーとクミンにニンニク、生姜を足したスパイスしか使っていませんが、コクのある美味しいカレーができますし、バターチキンカレーではヨーグルトの酸味を考えカルダモン・シナモンを使って爽やかな味のカレーもできたりします。そこには30種類ものスパイスは邪魔になります。スパイスの配合にはルールがあるわけでもないので、自分の経験を積んで、好みの配合率を作っていく楽しみもあろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です