カレー独特のあの色はターメリックなのか?

カレー特有の色はターメリック?

知恵袋でカレー特有の色は何なの?という質問がありました。

回答例をみてみると、ターメリック(うこん)という回答が多かった。

タイのイエローカレーの色はターメリックと言うことだが、実際はそこまでたくさんのターメリックが使われているわけでもない。また、ココナッツミルクを使うので、クリーム色っぽい黄色になるのだが、それは、カレーペーストで使われている材料にもよるのではないかと思います。

カレーパウダーを見てみると、確かに全体的に黄色というより黄土色っぽくしてますが、15種類ほどのスパイスの中でターメリックの占める割合は全体で1割に満たないのではないかと思います。

スパイスを鍋で炒って使うと、こげ茶~黒色カレーになったりしますし、玉ねぎを飴色に炒めて、トマトを投入してカレーペーストを作った時点でカレー色っぽくなっています。

カレーの色合いなんて、使う材料でもずいぶんと変わってきます。グリーンカレーはターメリックは使わないで作る。あの緑色は、青唐辛子やパクチーの色。通常のカレーであっても、例えばほうれん草のカレーなどでは、ターメリックは使わない方が色は綺麗にだせるんじゃないか?とか思います。

どうしてもカレーの色合は、日本のカレールーのイメージなのだろうと思ったりします。あの茶色っぽいタブレット。私はターメリックは色付という考えは、少し違うのだろうと最近は思うようになりました。ターメリックは香で使う。通常4皿ほどのカレーなら、ターメリックの量は小さじ1ほど。その量を増やしすぎると味のバランスが悪くなるのではないか?

カイエンペッパー、コリアンダー、クミン、ターメリック カレーでよく使われる4種類のスパイスだが、クミンとターメリックを外して、カルダモン、シナモンを入れて、ヨーグルトでマリネしたチキンを入れても美味しいカレーができると思います。近く、ターメリックを使わないカレーを作ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です