ところで、カレーって何?

カレーといっても、国や地域によってずいぶん異なるものです。我々日本人が普段目にしているカレー。 インドでもカレーって呼んでるの?

日本の国民的食べ物のカレーですが、最近増えてきたインド風のカレーと比べるとやはり違う。本場インドの方も、日本のカレーは別物と思っているようです。

日本のカレールーで作ったカレーを食べると、辛さが違ったりトマトの酸味が効いていたりするものの、基本的には同じ雰囲気がします。小麦粉でトロミを付けて、ルーに含まれている固形スープの素で味を作り、ジャガイモや人参が定番だったり、それはそれで美味しいと思いますし、カレールーは優れものだと思います。

ところが、本場のカレーはインドだけみても、南インド・北インド・スリランカなどでも個性があります。もっと言えば、「サーグ」にしても隣近所でまた個性があるといいます。

カレーとは多くの香辛料を使って食材を味付けるインド料理の調理法を用いた料理に対する英語名のことを指すそうだ。

インドの煮込み料理はサーグといってほうれん草などの青物野菜を使ってできたカレー料理。

サンバールは南インドで使われるスパイスを使ってできたスープ。野菜や豆類を煮込んで作る。

コルマはヨーグルトや生クリーム、ナッツをベースに作られる。

ダールは小粒の豆を挽き割ったものを煮込んだ南アジアの料理に香辛料つかってダールカレーと言われたりする。

しかし、再度申し上げますが、インドにはカレーという言葉はない。

タイカレーは、レモングラス、エシャロット(洋風玉ねぎ?日本のラッキョウ)ナンプラーなどを使い、レッドカレー・グリーンカレー・イエローカレーなどがある。

インドでは北インドカレーのように生クリームやココナッツミルクでとろみを出したカレーあるが、南インドカレーのようにスープ状のものもある。

こういった個性いっぱいのカレーを作るには日本で売られている、カレールーでは再現は厳しいのであろう。そこに、スパイスで作ることで、カレーの選択肢が増えるのでは?

イエローカレー

【8月4日(土)20時~店内全品対象 最大200円OFFクーポン発行中】【送料無料】【2ケースセット】ハウス食品 タイ風鶏肉とココナッツミルクのイエローカレー 200g×30(10×3)個入×(2ケース) ※北海道・沖縄は別途送料が必要。

価格:13,824円
(2018/8/5 22:36時点)
感想(0件)

【送料無料】グリーンカレーペースト50g×10個 メープロイ【DM便】【1000円ポッキリ】

価格:1,000円
(2018/8/5 22:41時点)
感想(25件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です